So-net無料ブログ作成

バウムクーヘン Baumkuchen [Deutschland ドイツ]

バウムクーヘン(ドイツ語:Baumkuchen、木+ケーキ)とは中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。

バウムクーヘン専用のオーブンが存在。専用オーブンは生地を巻きつけるための芯と芯を自動的にあるいはハンドルを使用して手動で回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーが据え付けられている開放型で直火で生地を焼き上げる。生地はバター、鶏卵、砂糖、バニラ、マジパン、ラム酒、水などで作られる。芯になる棒の表面に生地を少量かけてバーナーで焼くと、表面が焦げた厚さ1~2mmの薄い層ができる。焼けた層の上に生地をかけながら焼く事を繰り返し、薄い層を10~20層程度つくる。焼きあがった後に芯を抜いて輪切りにすると、バーナーで炙った際に出来たこげと内側の白い部分が層状に表れ木の年輪のように見える。精魂詰める作業とオーブンの直火の熱を諸に胸に受けるため、ドイツでは「バウムクーヘン焼きは長生きしない」と言われている。日本では年輪の形状から結婚式や祝い事の引き出物として使われ、繁栄や長寿をイメージするものとして慶事の贈り物として好まれる。ドイツではこのような風習はなく、手間ひまをかけた職人の高い技術の証しとなっているにすぎない。また作成方法が非常に特殊で技能を要することから、日本のように身近・手軽なお菓子ではなく一般の知名度としては「名前は知っている」という程度である。

「名前は知っている」という程度かどうかは分からないけど、ドイツ人からバウムクーヘンの話題を聞くことはまあ皆無ですね。


表面に糖衣やフォンダン、チョコレートなどをコーティングする場合もある。
⇒コーティングする場合というよりはドイツ国内ではチョコレートやシュガーでの表面コーティングがないバウムクーヘンは見たことが無いように思う。


歴史
リトアニア/ポーランドの
「サコティス/センカチュ」原型は、紀元前のオベリアス(ギリシア)という木の棒にパン生地を巻きつけ焼いたものとされている。中世ポーランド=リトアニア同君連合王国伝統の「シャコティス」(リトアニア語: Šakotis、ポーランド語でセンカチュ (Sękacz))を基にした説、「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」を基にした説がある。ドイツのザクセン=アンハルト州で元祖をめぐる争いがあったが、両店が同一人物に買い取られている。

日本で最初にバウムクーヘンを作ったのはドイツ人のカール・ユーハイムで、広島県商品陳列所(後の原爆ドーム)で開催された広島県物産陳列館捕虜製作品展覧会おいて販売(大正8年:1919年3月4日)された。当時はピラミッドケーキという名前で販売されていた。このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められている。

原爆ドームと関連のあるケーキとは知りませんでした。

ドイツでバームクーヘンを全く見ないというのも大げさですが、日本と比べると、一般の人気・知名度の低いものかも知れません。
名前を忘れましたがベルリンに有名な店が2件あり、そのうちの一軒はかなり美味しいと思いました。しかし、日本のバウムクーヘンに慣れている日本人の味覚からすると、かなり質素というかそういうケーキです。その店は他のケーキも美味しく良い店でした。日本のガイドにも載っている、シュティーグリッツとかダーレムとかその地区です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。