So-net無料ブログ作成

相国寺承天閣美術館 円山応挙 七難七福図巻 京都国立近代美術館 上村松園展 [Ausstellung 展覧会]

京都御所の北側、今出川通りをはさんで同志社大学があります。
その北側に面しているのが、相国寺です。http://www.shokoku-ji.or.jp/shokokuji/index.html
その相国寺内にある承天閣美術館で円山応挙の巻物の特別展示がありました。

展覧会の案内です
《重要文化財 円山応挙筆 七難七福図巻 全三巻》
kasai.gif
  応挙が三井寺山内の円満院(滋賀県大津市)住職の依頼によって描いた全長15メートル全3巻に及ぶ大作。世の申の様々な「難」(天災・人災)と「福」を真に迫るように描いている。
 地震や風水害、突然の天変地異は、この世の全てを押し流してしまう。火事はあっという間に、何もかも焼き尽くす。なすすべも無く逃げ惑う人々。罪人の斬首、磔刑、実際そのものの如く血が飛び散っている。
 反対の「福」には、婚礼の宴であろう、幸せに満ち溢れた笑み。豊作であったのであろう、米を運ぶ百姓の姿が実際その場にいるが如くに描かれている(続きに役所と代官の姿が描かれており、年貢米を納めているところが描かれている)。明和5年(1768)応挙36才。渾身の超大作。

《円山応挙(1733~95)》
円山 応挙(まるやま おうきょ、旧字表記では圓山應擧、享保18年5月1日(1733年6月12日)- 寛政7年7月17日(1795年8月31日))は、江戸時代中期の絵師。

近現代の京都画壇にまでその系統が続く「円山派」の祖であり、写生を重視した親しみやすい画風が特色である。
諸説あるが「足のない幽霊」を描き始めた画家とも言われている。
丹波国穴太村(京都府亀岡市)の生まれ。 15才で京都の石田幽汀の門に入り狩野派の画技を修得する。同時に眼鏡絵の制作も手がけ、西洋的遠近法を学び、やがて実証主義的精神のもとに写生重視の絵を画くようになっていく。また来朝した清国の画家沈南蘋や雲谷派の影響も受け、これらを融合し平明で親しみやすい装飾様式を完成させた。

応挙の作は先日、修学院離宮で見ています。IMG_0270.JPG

Okyo_Pine_Trees.jpg
雪松図屏風 三井記念美術館蔵(国宝)

有名な幽霊の絵。ふっくらとした量感が応挙らしく、
yurei.jpg

今回の巻物は、わざわざ見に行って良かったと思いました。
応挙の絵はこれまで優等生的な印象があったのですが、難の巻ではさすがに壮絶な場面もありつつ、見ごたえがありました。


続いて、近代美術館での上村松園の展覧会。今回は後期のみ見ることができました。

about_img.jpg
上村 松園(うえむら しょうえん、本名:上村 津禰(つね)(常子(つねこ)とも)、明治8年(1875年)4月23日 - 昭和24年(1949年)8月27日)は、日本画家。明治の京都下京(しもぎょう)に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。同じく日本画家の上村松篁(しょうこう)は息子、上村淳之(あつし)は孫にあたる。

京都市下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれ、京の伝統文化に育まれた松園は、明治・大正・昭和を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(松園のことば)を念願として女性を描き続けた。


img_01.jpg
《序の舞》 1936(昭和11)年 重要文化財 東京藝術大学 各会場半期出品

1_img01.jpg
《人生の花》 1899(明治32)年 名都美術館


1_img02.jpg
《清女褰簾之図》 1895(明治28)年 北野美術館


3_1_img01.jpg
《草紙洗小町》 1937(昭和12)年 東京藝術大学


top_img.jpg
《焰》 1918(大正7)年 東京国立博物館

こちらは最終日ということもあってかすごい人ごみでした。
京都の秋に美術展といえば、だいたいルノワールだとか印象派展とか人気とりが多いです。

今回も東山の観光に組み合わせるには最高の展覧会だったのではないかと思います。
上村松園をまじめに見るのは初めてでしたが、絹の地に高級岩絵具という超高級なものでした。

素描も展示されていたのですが、専門家から指摘されているように、漫画とくに少女漫画の原画というような印象。

とにもかくにも一般の多くの観客を魅了する絵画です。同時に相似した画題を繰り返しますが30歳代での作品と60歳代での作品との間に絵画的にはほとんど変化のないように感じました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。