So-net無料ブログ作成
検索選択

秋篠寺 新薬師寺 奈良ツアー [Reise 旅]

帰国して知ったのですが、仏像ブームらしいですね。

古いものを好きな人も多くて、京都などでは着物の人も多くなったような気がします。

着物は化繊や中古などが安いからかも知れませんが…

正倉院展とか阿修羅像とか、人気が高いのはなぜでしょうか?

阿修羅はファンクラブもあるそうです。 聖徳太子二歳像も崇拝の対象になっていると聞きました。

漫画などの影響も大きいということですので、その漫画を見ておこうと思います。

さて、奈良ですが、4つほど寺巡りをしました。 その中から秋篠寺と新薬師寺です。


秋篠寺は苔が綺麗です。 ふさふさと良い毛並み。ならぬ素晴らしいコケ並みです。

800px-Akishinodera1.jpg

国宝の本堂には有名な伎芸天が立っています。

伝・伎芸天立像-像高205.6センチメートル。本堂仏壇の向かって左端に立つ。瞑想的な表情と優雅な身のこなしで多くの人を魅了してきた像である。頭部のみが奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造による補作だが、像全体としては違和感なく調和している。「伎芸天」の彫像の古例は日本では本像以外にほとんどなく、本来の尊名であるかどうかは不明である。秋篠寺には、頭部を奈良時代の脱活乾漆造、体部を鎌倉時代の木造とする像が、本像を含め4体ある。

日本で唯一の芸術の神様ですので、拝んでお守りも頂きました。


当たり前のことですが、奈良は京都とは違いますね!

幼い頃からよく遠足などで奈良や京都に行っていたのと、大学は京都で通っていたので、京都や奈良の事をわりと知っているつもりだったのです。
でも今回久しぶりに見てみると、全く違った側面を感じました。

とても単純化して言うと、奈良は朝鮮的な要素が京都よりも感じられ、京都は中国的な要素のほうが強い気がします。

平城京も平安京も唐の長安、現在の中国、西安がモデルですし、中国や韓国の影響は日本中にありますが、
これは奈良にある建物の感じや、庭園の灯篭のプロポーションなどを観察していると、ふとそういう感覚を改めて感じたのです。


新薬師寺です
http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/juunishin.html


800px-Shin-Yakushiji_2002.jpg

この本堂のみが奈良時代の建物で、その中にご本尊と十二神将が祭られています。
建物も内部の像たちも国宝です。

shinyakushiji1.jpg

その中でも有名なのが

basara.jpg

この伐折羅大将です。

バサラとかヴァジラと読むのですが、私の生まれ年である戌年の守護聖人?的な存在ということでお参りさせて頂きました。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。