So-net無料ブログ作成
検索選択
Deutschland ドイツ ブログトップ

バウムクーヘン Baumkuchen [Deutschland ドイツ]

バウムクーヘン(ドイツ語:Baumkuchen、木+ケーキ)とは中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。

バウムクーヘン専用のオーブンが存在。専用オーブンは生地を巻きつけるための芯と芯を自動的にあるいはハンドルを使用して手動で回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーが据え付けられている開放型で直火で生地を焼き上げる。生地はバター、鶏卵、砂糖、バニラ、マジパン、ラム酒、水などで作られる。芯になる棒の表面に生地を少量かけてバーナーで焼くと、表面が焦げた厚さ1~2mmの薄い層ができる。焼けた層の上に生地をかけながら焼く事を繰り返し、薄い層を10~20層程度つくる。焼きあがった後に芯を抜いて輪切りにすると、バーナーで炙った際に出来たこげと内側の白い部分が層状に表れ木の年輪のように見える。精魂詰める作業とオーブンの直火の熱を諸に胸に受けるため、ドイツでは「バウムクーヘン焼きは長生きしない」と言われている。日本では年輪の形状から結婚式や祝い事の引き出物として使われ、繁栄や長寿をイメージするものとして慶事の贈り物として好まれる。ドイツではこのような風習はなく、手間ひまをかけた職人の高い技術の証しとなっているにすぎない。また作成方法が非常に特殊で技能を要することから、日本のように身近・手軽なお菓子ではなく一般の知名度としては「名前は知っている」という程度である。

「名前は知っている」という程度かどうかは分からないけど、ドイツ人からバウムクーヘンの話題を聞くことはまあ皆無ですね。


表面に糖衣やフォンダン、チョコレートなどをコーティングする場合もある。
⇒コーティングする場合というよりはドイツ国内ではチョコレートやシュガーでの表面コーティングがないバウムクーヘンは見たことが無いように思う。


歴史
リトアニア/ポーランドの
「サコティス/センカチュ」原型は、紀元前のオベリアス(ギリシア)という木の棒にパン生地を巻きつけ焼いたものとされている。中世ポーランド=リトアニア同君連合王国伝統の「シャコティス」(リトアニア語: Šakotis、ポーランド語でセンカチュ (Sękacz))を基にした説、「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」を基にした説がある。ドイツのザクセン=アンハルト州で元祖をめぐる争いがあったが、両店が同一人物に買い取られている。

日本で最初にバウムクーヘンを作ったのはドイツ人のカール・ユーハイムで、広島県商品陳列所(後の原爆ドーム)で開催された広島県物産陳列館捕虜製作品展覧会おいて販売(大正8年:1919年3月4日)された。当時はピラミッドケーキという名前で販売されていた。このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められている。

原爆ドームと関連のあるケーキとは知りませんでした。

ドイツでバームクーヘンを全く見ないというのも大げさですが、日本と比べると、一般の人気・知名度の低いものかも知れません。
名前を忘れましたがベルリンに有名な店が2件あり、そのうちの一軒はかなり美味しいと思いました。しかし、日本のバウムクーヘンに慣れている日本人の味覚からすると、かなり質素というかそういうケーキです。その店は他のケーキも美味しく良い店でした。日本のガイドにも載っている、シュティーグリッツとかダーレムとかその地区です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ドイツのお土産 [Deutschland ドイツ]

今年の年末は2年ぶりに日本に帰って、年越しする予定。

ドイツから何をお土産にしようかなと考える。

ビールかな?

ドイツは各地に地ビールがある。

ドイツ お土産 と検索してみると、入浴剤とか自然系化粧品なんかも出てくるのですね。

ドイツでは50セント(50円)の買い物袋が日本では「エコバッグ」として1200円とか2000円とかになるのですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツでのチップ [Deutschland ドイツ]

旅行や留学でドイツに滞在すると、

ところどころ日本との違いで驚いたりする事があります。

スーパーのレジ係の人が座っている。 電車、バスの扉は自分で開ける。
駅や街中でトイレが有料。 喫茶店、レストランでお水(無料)がでない など

そこで今日は日本には普段無い、一般の飲食店でのチップの話です。
地球の歩き方などのガイドに「ドイツのレストランなどではサービス料などは基本的に料金に含まれているのでチップは無くても構わない」とあります。

しかし、ドイツで生活していて分かるのは、それはウソだという事です。
アメリカなどの食事料金の15パーセント~というほどでも、絶対の義務でもありませんが基本的にはドイツにチップはあります。

では実際にはどう払うのか?
ドイツでは食事後テーブルで支払いをします。
あるいは急ぎのときは食事が運ばれてきた時に支払いの意思を伝えます。
サービスの人が勘定のレシートを持ってきてくれますので金額をみて、チップ込みでこれくらいでしょう、という額を渡します。
あるいは大きな額のお札しかない場合は支払いたい額を言います。
実際には欲しいおつりの金額を言う人もいます。

例です

【レストラン・カフェ】
会計8.8ユーロ ⇒ チップ込み 10ユーロ
会計56.9ユーロ ⇒ チップ込み 60ユーロ
基本は適当に端数を繰上げします。

だいたい一人当たり50セントから2ユーロほどの間で計算します。
簡単なカフェなどでは高級レストランよりも少なめになります。
2.8ユーロ ⇒ 3ユーロ
6.5ユーロ ⇒ 7ユーロ などなど
ウェイトレスの女の子がかわいいとか、サービスが良かったとかそういう場合は普通すこし多めに渡します。
料理が来るのが遅すぎる(基本的に日本よりは遅いです、倍くらい遅いのは普通です)とか、気分の悪いサービスだった!
というときはチップ無しでも良いです!

めったにありませんが、感じの悪いお店に限って、お釣りや金額をごまかす事もあります。
そういうのが気になる方は、支払い時、焦らず、確実に、注意してください。


【渡すときの言葉】
無言でお金をだしても、意図が通じ無い事もあります。こちらの意図を言葉で伝えましょう。
出した金額すべてを受け取って欲しい場合
⇒ Stimmt so!シュティムト ゾー と渡すときに言います。

おつりが欲しい場合 たとえば30ユーロ渡したいが50ユーロ札しかない。
⇒ 英語でも良いので渡したい金額の数字を言って、お金を渡します。
金額の後に Bitteビッテ かPleaseをつけます。 30ビッテ! で 20ユーロおつりをもらいます。

【言葉がどうもよく分からない場合】
⇒いったん支払って、おつりを受け取った後でチップだけ手渡せばOKです!
だいたい、ドイツですと黙ってお金を渡すとおつりを返してきます。
そして席にチップを置いておくのでもいいと思います。


その他のチップ

【タクシー】
18.5ユーロ ⇒ 20ユーロ
14ユーロ ⇒ 15ユーロ
これは重い荷物を出し入れしてもらったとか、そういう時はできるだけ「有」で!

【トイレ】
デパートや駅などのトイレで料金が明示してある場合はその金額を! たいてい30から50セント
駅などではお金を入り口で入れないと入れない場所も有。
金額などの明示はなく小銭を入れるお皿があり、掃除係が待機している場合
この場合は義務ではありません。お一人だけなら無くても良いと思います。
家族やグループ3、4人で利用した場合 50セント~1ユーロ渡せると良いでしょう。

【ホテル】
ホテルではチップが必要と思われる方も多いようです。
しかし、これは宿泊先のレベルによって変化します。
ホテルが5つ星で無く、ホテルは寝る場所ですという場合は特には必要ないでしょう。
なにかサービスを頼んだりしたら1€くらいでしょうか。

旅行であれ、出張であれ、チップでの出費など知れています。
日本の感覚から離れて、よその国の文化を体験する機会ですので郷に従いつつスマートな日本人を印象付けたいものですね(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
Deutschland ドイツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。