So-net無料ブログ作成
Geschichte 歴史 ブログトップ

カレーの市民 Les Bourgeois de Calais [Geschichte 歴史]

Auguste_Rodin-Burghers_of_Calais.jpg

フランス カレー市

カレーの市民 (Les Bourgeois de Calais)は、オーギュスト・ロダン作の著名な彫刻のひとつで、1888年に完成した。 「カレーの市民」は、百年戦争時の1347年、イギリス海峡におけるフランス側の重要な港カレーが、一年以上にわたってイギリス軍に包囲されていた際(カレー包囲戦)の出来事に基づいて作られている。

イングランド王のエドワード3世は、クレシーの戦いで勝利を収めた後カレーを包囲、フランスのフィリップ6世は、なんとしても持ちこたえるように町に指令した。 しかしフィリップ王は包囲を解くことができず、飢餓のため町は降伏交渉を余儀なくされたのである。 エドワード王は、町の主要メンバー6人が自分の元へ出頭すれば町の人々は救うと持ちかけたが、それは6人の処刑を意味していた。 エドワード王は6人が、裸に近い格好で首に縄を巻き、城門の鍵を持って歩いてくるよう要求したのである。

町の裕福な指導者のうちの一人、ユスタシェ・ド・サン・ピエール(Eustache de Saint Pierre)が最初に志願し、すぐに5人の市民、ジャン・デール(Jean d'Aire)、ジャック・ド・ヴィッサン(Jacques de Wissant)、ピエール・ド・ヴィッサン(Pierre de Wissant)、ジャン・ド・フィエンヌ(Jean de Fiennes)、アンドリュー・ダンドル(Andrieu d'Andres)が後に続いた。 やせ衰えた彼らはズボンも脱いでサン・ピエールを先頭に6人、町の城門へと歩いた。
まさにこの、敗北、英雄的自己犠牲、死に直面した恐怖の交錯する瞬間をロダンは捉え、強調し、迫力ある群像を作り出したのである。

歴史的には、処刑が予測された6人の命は、エドワード王妃フィリッパ・オブ・エノーの嘆願により助命された。 彼女は、生まれてくる子どもに殺戮は悪い前兆となると言って夫を説き伏せたのである。


The_burg_of_calais_london.jpg

ロンドンのヴィクトリア・タワー・ガーデンのカレーの市民。フランスの法の元、ロダンの死後この作品は12点しか鋳造されなかった。ロンドンのものは、1911年に英政府がそのうちの1点を購入したものである。


『カレーの市民』の制作と展示
この作品は1880年、カレー市長により町の広場への設置が提案された。通常なら戦勝記念のモニュメントだけが建設されるが、フランスは普仏戦争の敗北で破壊的被害を受けており、若者の犠牲を表彰することが切望されていた。しかしロダンの作品は論争を生じた。市民を英雄的表現ではなく、むしろ陰気で疲れきった姿として描き出したからである。

ロダンの意図では、このモニュメントは鑑賞者と同じ地面の高さに展示することとされていた。これは、彫刻作品を伝統的な高い台座の上ではなく地面に直接置いたという点で革新的であったが、ロダン死後の1924年までカレー市議会はロダンの意図に反して、像を高い台座上に設置し続けた。

世界各地にある『カレーの市民』は、場所によって、人物像を1つずつ展示してある場合と、台座の上でひとまとまりの群像になっている場合とがある。 台座の上に載っている場合もあれば、地面の高さに展示してある場合もあり、少なくとも1つはわずかに沈み込んで、台座の上面が地面と同じ高さになっている。

1888年当時、彫刻を地面の高さに展示する事は困難であった。彫刻、美術作品を床に直接展示することはヨーロッパでは現在も同じように困難である。 ヨーロッパの美術館などでの展示は高すぎるのではないかというところに展示されている事もある。「芸術」を高く展示することによってその崇高性を増しているのだ。





ブルックリン美術館.jpg

ブルックリン美術館


バーゼル市立美術館.jpg

バーゼル市立美術館


スタンフォード大学.jpg

スタンフォード大学


オーストラリア国立美術館.jpg

オーストラリア国立美術館


Philadelphia美術館.jpg

フィラデルフィア美術館


ロダン美術館.jpg

ロダン美術館 パリ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン François-Auguste-René Rodin [Geschichte 歴史]

Rodin_Thinker_Kyoto.jpg

考える人 京都国立博物館

Rodin-cropped.png


Auguste_Rodin_1893_Nadar.jpg

ロダン1893 ナダール撮影

St-John-the-Baptist-Preaching.jpg

St John the Baptist Preaching 1878

The_burg_of_calais_london.jpg

カレーの市民

Rodin Fragment.jpg


Hoellentor.jpg

地獄の門


フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(François-Auguste-René Rodin, 1840年11月12日 - 1917年11月17日)は、フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。

パリ在住の労働者階級の子として生まれ、エコール・ボザールなどの美術の専門教育(アカデミズム)を受けず、特に青年期以降は殆ど独学で彫刻を習得した事で知られる。

本人の談によれば10歳の時に初めて絵を描いた事で美術に興味を持ち、14歳の時に地元のプティット・エコール(小さな学校)と呼ばれる工芸学校に入校した。子供達に絵画やデッサンを教えていたルコック・ボードランという教員はロダンを最初に評価した人物で、後年にロダンは感謝の言葉を残している。

プティット・エコールを退学した直後、ロダンは学業継続を望んでエコール・ボザール(グラン・エコール)に入学を志願した。ロダンは同窓生をモデルにした塑像を提出したが、ボザールからの評価は不合格だった。諦めずに翌年と翌々年も塑像を提出し続けたが、全くボザールからは相手にされなかった。当時のボザールは技術的な要求水準が然程高くなかったとされ、数度に亘って入学を拒否された事はロダンにとって非常に大きな挫折なった。

ロダンはボザール(美術大学)での新古典主義に基いた彫刻教育とは異なる嗜好で作品を作っていた事によって結局美大入学を許される事はなかったと言われる。そのときの教授はロダンの作風を理解することはなく、『近代彫刻の父』は美術大学に入れなかった。


1863年、ボザール入学を果たせなかったロダンに追い討ちを掛けたのが姉マリアの死であった。ロダンを支えていた姉は恋人との失恋劇で精神を病み、俗世を捨て修道女になっていたが、修道院で病没。姉の恋人を最初に紹介したロダンは激しい罪悪感に苦しみ、姉の後を追うように修道院に入会、修道士見習いとして神学へと道を変えようとした。だがロダンの指導を任されたピエール・ジュリアン司教は彼が修道士に不向きだと判断し、美術の道を続けるように諭した。


修道会を離れたロダンは動物彫刻の大家であったアントワーヌ・ルイ・バリーに弟子入りして、深い影響を受けた。また24歳の時には生涯の妻となる裁縫職人のローズと知り合い、長男オーギュスト・ブーレ・ロダンを儲け、装飾職人として働いた。1870年普仏戦争が勃発、近視であった事から徴兵を逃れる事ができたが戦争の影響で生活が苦しくなり、30歳まで家族を養うだけの稼ぎを持てなかった。

職を求めてロダンは家族と新天地ベルギーへ移住。知り合いの紹介でブリュッセル証券取引所の建設作業に参加した。当初は仕事が終わればすぐにフランスに戻るつもりだったが、様々な理由からベルギーで6年間滞在を続ける。彼は装飾職人として独学で彫刻の技法を修練していたが、展覧会用の作品を作る余裕はなく、誰も彼が彫刻家としての夢を抱いていた事を知らなかった。

1875年、親方との関係が悪化、ロダンはベルギー滞在中の貯蓄をもってローズを連れ、念願のイタリアへと旅行する。そこで目の当たりにしたドナテッロとミケランジェロの彫刻に衝撃を受けたロダンは、多大な影響を両者から受ける。

彼は「アカデミズムの呪縛は、ミケランジェロの作品を見た時に消え失せた」と語っている。ベルギーに戻ったロダンは早速イタリア旅行で得た情熱を糧に『青銅時代』を製作、十数年ぶりに彫刻家として活動を開始する。
美術大学から拒否され続けたロダンはその事を10数年間苦しみ、そして再び美術制作に入る。

『青銅時代』はオーギュスト・ネイトと言う人物をモデルにした等身大の男性像。極めて緻密でリアルな作品であったが、あまりのリアルさのために「実際の人間から型を取ったのではないか」との疑いをかけられる、憤慨したロダンは2年後に人間よりもかなり大き目のサイズの彫刻を新たに作った。型を取ったのではなかったと解った審査員たちは、ロダンの彫刻に対して賞賛の言葉を送り、ロダンの名は一気にフランス中に広まった。

ロダンは簡単には受け入れられなかった。

Rodin_Thinker_Kyoto.jpg










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Mensch 人 [Geschichte 歴史]

ドイツ語で「人」のことをMenschメンシュという。 複数形ではMenschenメンシェン

もともとの語源にmessenメッセンという動詞がある。

messenは(長さ・大きさ・量などを)はかる、測定、計量する、はかり比べる。等の意

messenする者(Messer)が直接の語源となって、現在のMenschen=「人間」となる。

何かを感知して判断(messen)することが人間(Mensch)である。

何かをはかるには、何かを基準にするしかない。

自分の中にある基準や自分の外にある基準を使う。



ただこ80パーセントくらいの人がこういう判断をする。

みなが良いというから自分も「良い」という。

皆が「これは面白くない」というのを見て、「うん。これは面白くない」という。

この場合は対象をmessenしているのではなく、それへの反応をmessenして、それに順応している。

この順応は「人間である自分」の喪失。

messenすることを喪失したMenschen

それでもまだMenschenなのだろうか?

そのこともmessenしながら

一人のMenschでありたいと思う。





タグ:ドイツ語
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

広島への原子爆弾投下から65年 65 Jahre seit dem ersten Atombombenabwurf auf Menschen [Geschichte 歴史]

Nagasakibomb.jpg


第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に、アメリカ軍が日本の広島市に対して原子爆弾を投下。
原子爆弾の威力は通常兵器と比べ極めて大きく、無差別かつ大量に殺戮する大量破壊兵器である。
これは実戦で使われた世界最初の核兵器である。この一発の兵器により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち約14万人が死亡したとされる。
写真は1945年8月9日長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲


Heute vor 65 Jahren wurde zum ersten Mal eine Atombomben auf Menschen abgeworfen.
Das Foto zeigt die Explosion von einer Atombomben namens Fat Man über Nagasaki am 9. August 1945.






Geschichte 歴史 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。