So-net無料ブログ作成
検索選択

秋篠寺 新薬師寺 奈良ツアー [Reise 旅]

帰国して知ったのですが、仏像ブームらしいですね。

古いものを好きな人も多くて、京都などでは着物の人も多くなったような気がします。

着物は化繊や中古などが安いからかも知れませんが…

正倉院展とか阿修羅像とか、人気が高いのはなぜでしょうか?

阿修羅はファンクラブもあるそうです。 聖徳太子二歳像も崇拝の対象になっていると聞きました。

漫画などの影響も大きいということですので、その漫画を見ておこうと思います。

さて、奈良ですが、4つほど寺巡りをしました。 その中から秋篠寺と新薬師寺です。


秋篠寺は苔が綺麗です。 ふさふさと良い毛並み。ならぬ素晴らしいコケ並みです。

800px-Akishinodera1.jpg

国宝の本堂には有名な伎芸天が立っています。

伝・伎芸天立像-像高205.6センチメートル。本堂仏壇の向かって左端に立つ。瞑想的な表情と優雅な身のこなしで多くの人を魅了してきた像である。頭部のみが奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造による補作だが、像全体としては違和感なく調和している。「伎芸天」の彫像の古例は日本では本像以外にほとんどなく、本来の尊名であるかどうかは不明である。秋篠寺には、頭部を奈良時代の脱活乾漆造、体部を鎌倉時代の木造とする像が、本像を含め4体ある。

日本で唯一の芸術の神様ですので、拝んでお守りも頂きました。


当たり前のことですが、奈良は京都とは違いますね!

幼い頃からよく遠足などで奈良や京都に行っていたのと、大学は京都で通っていたので、京都や奈良の事をわりと知っているつもりだったのです。
でも今回久しぶりに見てみると、全く違った側面を感じました。

とても単純化して言うと、奈良は朝鮮的な要素が京都よりも感じられ、京都は中国的な要素のほうが強い気がします。

平城京も平安京も唐の長安、現在の中国、西安がモデルですし、中国や韓国の影響は日本中にありますが、
これは奈良にある建物の感じや、庭園の灯篭のプロポーションなどを観察していると、ふとそういう感覚を改めて感じたのです。


新薬師寺です
http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/juunishin.html


800px-Shin-Yakushiji_2002.jpg

この本堂のみが奈良時代の建物で、その中にご本尊と十二神将が祭られています。
建物も内部の像たちも国宝です。

shinyakushiji1.jpg

その中でも有名なのが

basara.jpg

この伐折羅大将です。

バサラとかヴァジラと読むのですが、私の生まれ年である戌年の守護聖人?的な存在ということでお参りさせて頂きました。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

金閣寺 銀閣寺 [Reise 旅]

kinkaku.jpg


鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。寺名は足利義満の法名に因む。山号は北山(ほくざん)。寺紋は五七桐。室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称する。

KinkakuJiDetail.jpg


Burned_Kinkaku.jpg
1950年(昭和25年)7月2日未明、放火により国宝金閣(舎利殿)と安置されていた仏像等を焼失。

1994年(平成6年)12月、世界遺産(文化遺産)古都京都の文化財として登録、現在に至っている。
800px-Kinkakujihonden.jpg

Rokuonjikinkaku-winter.jpg





450px-GinkakujiTemple.jpg

慈照寺(じしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する臨済宗相国寺派の寺院(相国寺の境外塔頭)。

山号は東山(とうざん)。開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている。夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という。寺紋は五七桐および二つ引両。

足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる。

1952年3月29日には庭園が 特別史跡および特別名勝に指定された。1994年12月17日には「古都京都の文化財」として 世界遺産に登録されている。

701px-Ginkaku-ji_after_being_restored_in_2008.jpg

800px-Jisyohji-05_Jun.jpg

IMG_0239.JPG

IMG_0247.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

桂離宮 修学院離宮 Shugakin and Katsura Imperial Villas [Reise 旅]

皇居・御所・仙洞御所・桂離宮と修学院離宮は宮内庁管理で、見学無料です。

今回は帰国中に日本のものを改めてみてみたい。

ということで、まずは京都の桂離宮と修学院離宮に行ってきました。

それぞれに違った魅力があります。 すばらしいものです。


参観にはそれぞれ申し込みが必要です。

http://sankan.kunaicho.go.jp/

人気の高いところは三ヶ月前の申し込み期間が始まってスグ予約が埋まってしまうこともあります。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Berlin kostenlos erleben 無料で楽しむベルリン [Reise 旅]

http://www.gratis-in-berlin.de/

gratisグラティス=タダ

このサイトでは無料でのベルリンの楽しみ方がいろいろと紹介されています。

例えば、オノ・ヨーコさんの個展とか

Yoko Ono bei Haunch of Vension: Das Gift
heute bis Samstag 13.11.2010
von: pauline

ヴォルフガング・ティルマンスの展覧会が見つかりました。

Wolfgang Tillmans in Charlottenburg
heute bis Samstag 13.11.2010
von: pauline

ベルリンの美術館といえば、木曜日の閉館時間前の4時間はどこも無料で入場ができたのに~!

なんと今年の10月からこのサービスは無くなってしまったようです。

残念!


Gratis in Berlinで見つけた目玉はこれかな

Robert Mapplethorpe Retrospektive bei c/o Berlin:

21.01.2011, Berlin
Kostenlos
C/O Berlin präsentiert die Retrospektive des amerikanischen Fotografen Robert Mapplethorpe. Von frühen Polaroids bis hin zu den späten Stilleben und natürlich auch die Fotos, die seinerzeit für Skandale sorgten. Bei der Vernissage ist der Eintritt frei.

一月にメイプルソープ展があるのですね!初日は無料!行きたい!!





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ヴェネチア 【二日目】 [Reise 旅]

venice.jpg


IMG_5578.JPG


IMG_5665.JPG


IMG_5621.JPG


昨日歩きすぎて疲れていたのと、見たいものがたくさんあるので、効率よく回りたいという事でヴァポレットの12時間券(16€)を購入。

まずはアカデミア美術館に向かいます。建物は工事中(いつでも工事中っぽい外見)なのか、チケットは入り口右側の道にあります。ヨーロッパで美術学生していると伝えると入場無料になりラッキー!

内部はヴェネチア派絵画が充実。ヴェロネーゼの巨大画『レヴィ家の饗宴』やティントレットの『聖マルコの遺体の運搬』はこれがそうかー!という感じで見るのが楽しい。
サンマルコ広場に面するOlivettiは改装中でしたが、ガラス越しにチェック。

けどレオナルド・ダ・ヴィンチの『ウィトゥルウィウス的人体図』とジョルジョーネの『嵐』がない!!!
どうしてこういう重要作品がないかというと、さすがにイタリア人は観光商売上手でそれぞれ違う場所で、レオナルドの素描展とジョルジョーネの嵐という展覧会をしていました。しかしその入場料が高いうえに展示物が極少ない。。。
ということで次回またアカデミアに戻ってきたときに見ようと思います。

その後ドゥカーレ宮殿では世界最大油画とされるティントレットの天国を見る。これはさすがに規模もの。近くのコッレール博物館もみて、ヴェネチアの歴史と繁栄を学習

対岸に渡ってパッラーディオのサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会を見学。
その後昨日見残していた建築ビエンナーレのArsenale会場へ。
金獅子の石上純也の展示はかろうじて構造物が一本立っていました。たしかに細い構造物で、細い髪の毛のようなテグス?が光に浮かんでいました。

その他、Giardini会場同様、現代美術的な展示が多い。
国によって美術展と同じようだったり(フランスドイツ、エジプトなど)、美術展と建築展とでギャップがあるような気もする。Giardiniのアメリカ館や、Arsenale奥の中国の展示は美術展のようには元気がなかったような印象。

ビエンナーレ鑑賞後、まだ時間があったので、カルロ・スカルパで有名なFondazione Querini Stampaliaへ。
ここは図書館や美術館などが集まった文化施設。美術館に入らなくても、スカルパの建築&お庭は見れたのですが、知らずに入場券購入(8€)。
ちいさな個人美術館のようで、高すぎたかな~と後悔しかけていましたが(不謹慎な美大生)ここでジョバンニ・ベリーニのすばらしい一枚があり感動。
Bellini.jpg


そのほか18世紀のヴェネチア絵画を熱心に鑑賞しているドイツ人グループに遭遇し一緒に絵の解説を聞く。なるほど~とベネチアの街の見え方が変わって面白かったのでまあ8€分はあった!と納得。

ついでなので近くのサンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会 Santissima Giovanni e Paoloへ。ここは大人2.5学生1.25と細かい入場料をとりますが、確かに小さな美術館なみ。さきほどのジョヴァンニ・ベリーニの祭壇画や、ヴェロネーゼの有名な天井画があって面白い。ちなみにここは歴代ヴェネチア総督の祭られているところ。

教会のある広場にはヴェロッキオ作の『コッレオーニ騎馬像』が。これはベルガモの領主でありヴェネチア共和国の傭兵隊長として仕えた15世紀の人コッレオーニさんをたたえた像。

今回の旅の始まりがベルガモで、そこでコッレオーニの祭られる礼拝堂も見ていましたので、うまく旅がくるりと回って終わりました。

今回はスカルパを回るツアーのはずでしたが、やはり美術館も見逃せないのでやや多すぎになりましたが、大満足。スカルパ建築のなかではヴェローナのカステルヴェッキオの規模と完成度、それとビエンナーレ館のお庭が、良かったです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Bergamo-Verona [Reise 旅]

IMG_5355.jpg


IMG_5359.jpg


ベルガモ旧市街/ベルガモのコッレオーニ礼拝堂

イタリアのベルガモ⇒ヴェローナを旅しました。これはブレーメンからの飛行機がベルガモ空港に着くので、最終目的地のヴェネチアの途中にあるヴェローナに寄ってみました。

今回の旅のテーマは「建築」。というのも現在ヴェネチアビエンナーレ建築展が開催中。美術展と建築展が一年ずつ交互に開催されていますが、建築展に行くのは今回初めて。今年は総合ディレクターが妹島和世、企画展示部門の金獅子賞を石上純也が受賞、ちなみに審査員に磯崎新ということで日本人づくし。。。


ということでまずはベルガモに到着。空港から旧市街地までバスで直通です。
軽く市内散策し、美術館チェックすると鉄道でVeronaへ向かいました。

Veronaはロミオとジュリエットの舞台となった街として有名で、ジュリエットの家や墓なるものもありますが、お目当てはイタリアの建築家カルロ・スカルパ(Carlo Scarpa 1906年6月2日 - 1978年11月28日)です。ヴェローナにはスカルパが改築したヴェローナ銀行とカステルヴェッキオ美術館があります。
銀行は外から見ただけでしたが、カステルヴェッキオは美術館ですので内外を鑑賞、かなり個性的です。

Veronaはそのほかにも観光資源が豊富で短時間ですがかなり楽しめました。
Verona Cardというのが売店で買えます。これは10€(一日券)でほとんどの観光施設の入場料とバスのチケットもかねているのでお得でした。

明日からはベネチア観光ですので、夕方に鉄道でホテルのあるMogliano Venetoに移動。

IMG_5477.JPG

IMG_5469.JPG

ヴェローナの街並みとヴェローナ銀行前のカフェ休憩
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イタリア旅行 【六、七日目】 フィレンツェ、ミラノ  [Reise 旅]

フィレンツェの最終日には、ホテルのすぐ前にあったメディチ家礼拝堂にまず入る。日曜の午前中という事もあってか、見学しているのは数人。ここは奇石をふんだんに使った建築で物質量に圧倒される。
有名なミケランジェロの彫刻を鑑賞。

ウフィツィ美術館の予約時間まで、時間が空いたので、再度ピッティ宮へ、前回入らなかった宝物館?と服飾館を見学。陶磁器館にも行きたかったのですが、広大な庭園の一番奥にあり、時間もなく、炎天下であったので断念。

切り売りピザを食べて、ウフィッツィへ。

まず入ってすぐの展示室に圧倒される、ここにはチマブーエ、ジョットそしてドゥッチョの大作が。
三点とも同じ画題(聖母子)なので三人の画家の絵の違いを体感できます。

cimabue.jpg

チマブーエ Cimabue 1240-1303
《壮厳の聖母(マエスタ)》 1279-1280年頃 385×223 cm


duccio.jpg
ドゥッチョ Duccio di buoninsegna 1255-1319
《マエスタ(ルチェッライの聖母)》 1285頃 450x293cm


giotto.jpg

ジョット Giotto di Bondone 1267-1337
《荘厳の聖母(オニサンティの聖母)》 1306-10年頃 325×204cm

まずはジョット作品が目にバッと強く入ります。しかししばらく見ていると、ドゥッチョ作品からはなんともいえない美しさがあふれ出してきます。これだけ何かが違う!!という感じで感動しました。

ウフィツィ美術館はさすがに美術史の教科書のような品揃えで、フィレンツェで一つだけ入るならここです。

ボッティチェルリ。それからやはりレオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知、下絵状態の東方三博士の礼拝、ベッロキオ工房時代の「キリスト洗礼」のレオナルドが描いた部分などが見所です!!

ゆっくりとウフィツィを堪能してフィレンツエの旅を終えました。



翌日、列車でミラノに帰り大聖堂とポルディ・ペッツォーリ美術館 http://www.museopoldipezzoli.it/ を見学。

街ブラしていて入ったのがこのお店


Abercrombie & Fitch 日本ではアバクロといって銀座にも店舗があるのですね。遅ればせながら初めてお店に入りました。マッチョなお兄さんとセクシーギャルが迎え入れてくれ、中に入るとクラブのような雰囲気で、香水音楽に包まれます。服というより雰囲気を楽しむような感じです。
店員さんですが、ミニスカギャルが踊っていてたり、裸のマッチョマンが筋トレしていたり、おもしろいです。中学生や高校生の時にこんな店ができていたら、学校帰りに通ってしまうかもしれませんねえ。
日本のお店も見てみたいですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イタリア旅行 【五日目】 フィレンツェ [Reise 旅]

今日は 市街の北西部?アカデミア美術館周辺をあるきました。

カスターニョの最後の晩餐見学⇒スカルツォの回廊に行くも夏の休暇中。⇒サンマルコ美術館(フラ・アンジェリコで有名)⇒アンヌンツィアータ教会と捨て子養育院を見学。⇒ミケランジェロのダヴィデで有名なアカデミア美術館と回ります。

サンマルコ美術館はもと修道院であったところで、ここの修道士でもあったフラ・アンジェリコ(Fra Angelico, 1387年 - 1455年2月18日)が主となって制作したフレスコ画が見れます。小さな部屋に壁画が一つずつあり、美術館というより修道院です。

アンヌンツィアータ教会の中には予期していなかったぺルジーノの良い作品があり、びっくりしました。
これは奥の左のほうです。

捨て子養育院の絵画館も地味~なところです。 このあたりは観光客も少ないですね。

アカデミア美術館も、予約していたのですが誰も並んでいませんでした。

314px-David_von_Michelangelo.jpg

wikiによると、このダビデ(David)像は、ミケランジェロが1501年から制作を開始し、1504年9月8日に公開した彫刻作品である。ピエタと並ぶミケランジェロの代表作であるばかりでなく、ルネサンス期を通じて最も卓越した作品の一つである。大理石で身の丈5.17メートルにかたどられたこの像は、旧約聖書の登場人物ダビデが巨人ゴリアテとの戦いに臨み、岩石を投げつけようと狙いを定めている場面を表現している。元来はフィレンツェ市庁舎の置かれたヴェッキオ宮殿の前に飾られていたことなどもあり、のちに都市国家フィレンツェ共和国が周囲を取り囲む強大な対抗勢力に脅かされるようになったときには、巨人に立ち向かうこの像こそフィレンツェを象徴するものだという解釈がなされるようになった。

ということでフィレンツェのシンボルのようにお土産屋さんでもたくさんのダヴィデグッズ、ミニダヴィデなどがありました。ベッキオ宮殿前にもレプリカが展示されています。

5.17mもあったんですねえ。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イタリア旅行 【四日目】 フィレンツェ [Reise 旅]

今日はマザッチョ、マゾリーノ、フィリッピーノ・リッピらによるブランカッチ礼拝堂のフレスコを見学。

その前に、近くにあるブルネレスキ設計のサント・スピリト教会も見学。

この二つの教会の間の道にあるパン屋さん的なお店でピザを切り買い。

言葉は全くできないので、欲しいピザを指差して、切ってもらいたい幅を示す。
かわいらしいスタッフが適当に切ってくれて、これが結構おいしい。

その後ピッティ宮のパラティーナ絵画館と近代美術館を鑑賞。

Jacopo_Pontormo.jpg
街へ帰る途中に、ポントルモの絵画「十字架降架」1526-28のあるサンタ・フェリチタにも寄る。


夕方にドゥオモ付属美術館を見学。http://www.operaduomo.firenze.it/
ここには有名なミケランジェロの未完のピエタ
393px-Michelangelo_Pieta_Firenze.jpg

やドナテッロの彫刻が見所です。
239px-Maria_Magdalena.jpg150px-Zuccone_Donatello_OPA_Florence.jpg

その他、ドゥオモのクーポラを設計したブルネレッスキのデスマスクなどもあり、なかなかの見ごたえです。

個人的にはマグダラがすごかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イタリア旅行 【三日目】 アレッツォ  [Reise 旅]

フィレンツェから電車で1時間、Arezzoという小さな街に着きます。 電車賃は6€くらいでした、これは当日に自販機で購入。

アレッツォは映画Life Is Beautiful」の舞台として有名なのですが、ここではピエロ・デラ・フランチェスカによるフレスコ画をメインに街を散策しました。駅を降りたら旧市街へと坂を登っていきます。街が綺麗です。

アレッツォから帰ると、フィレンツェでは大聖堂付属美術館へ、ここでもドナテッロの作品を中心に、ミケランジェロの未完のピエタなどを鑑賞。

ここも見ごたえがあって良いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。